母子家庭 相談

母子家庭のあなたを支援してくれる相談窓口・団体

母子

離婚を経験して母子家庭になった
シングルマザーの人のほとんどは、
経済的にも精神的にも辛い状態が多く、

 

先のことを考えると、不安ばかりで前向きな
気持ちになるのが難しい時があると思います。
でも、
離婚後の母子家庭のシングルマザーを
支援してくれる団体は多い
です。

 

「シングルマザー支援協会」を見るシングルマザー支援協会

 

子どもを自分ひとりで育てる決心をして、
せっかく離婚という決断に一歩踏み出したのですから、
自分らしく生きていくためには、ひとりで悩みを抱えないことが大切。

 

子育ての不安、自立の方法、住宅のこと、お金の不安、
将来の不安、養育費の請求方法、再婚のことや今付き合っている人のことなど、
とにかく自分のいろんな悩みについて話を聞いてもらいたい。

 

そんなときは、周囲の手助けが必要不可欠です。
自分と子どものために、無料相談や様々な支援を受けましょう。

 

母子家庭のシングルマザー無料相談窓口のいろいろ

母子家庭のシングルマザー無料相談窓口のいろいろを紹介しておきます。
お金はかからないので、使えるものは全部使うくらいの気持ちで、
シングルマザーとして生活するうえでの悩みを相談してみましょう。

 

インターネットサイトの活用

インターネットには母子家庭暮らしをしているシングルマザーを対象にしたサイトがいっぱいあります。
日本全国にいるシングルの女性が同じような悩みを抱えて集う場所ですから、
辛い状況にいるのは自分だけではない、ということが確認できると思いますし、

 

何より大きなメリットは、母子家庭としてシングルマザーが
抱えている子育て、料理、病気、仕事のことやお金のことなど、
同じ境遇のシンママたちが経験した生の情報がやり取りできることです。

 

ネットの情報をうまく活用することで、問題解決のきっかけにしましょう。

ウィメンズパーク

ウィメンズパーク
ベネッセの口コミサイト「ウイメンズパーク」には、
シングルマザーがつどう「シングルマザーの部屋」があります。
悩み相談や情報交換など、無料なので、活発に利用されています。

 

ウイメンズパーク
http://women.benesse.ne.jp/
シングルマザーの部屋
http://women.benesse.ne.jp/forum/zboca030?CONTENTS_ID=011B0101

 

日本シングルマザー支援協会

日本シングルマザー支援協会
日本シングルマザー支援協会は
シングルマザーが本当の自立を手に入れるための場所として
シングルマザーの悩みをサポートする法人団体です。
会員になると受けられるサービスは

  • 無料メール相談
  • 仕事探しを本気でサポート
  • 再婚活パーティー
  • すまいるアカデミーきぎょう塾

シングルマザー支援協会日本シングルマザー支援協会

NPO法人・民間および市民団体

インターネットサイトでは、知識や情報の取得はできたとしても、
実質的な支援に関しては、NPO法人等をはじめ民間や市民団体などの
非営利団体が行っている、シングルマザーの支援活動が現実的だと思います。

 

全国各地で活動をしている団体もあり、地域に根ざして活動しているので、
個々のシングルマザーのケースにあわせて適切な支援が期待できるところが
大きなメリットだと思います。

 

しんぐるまざーずふぉーらむ

しんぐるまざーずふぉーらむ
北海道、岩手、福島、富山、福井、関西、
出雲、松山、福岡、沖縄に姉妹団体があり、
シングルマザー支援連絡協議会をつくって協力しているNPO。
関東を中心に全国に無料メルマガ会員1500人以上。
電話相談、くらしのサポート、シングルマザー相談会など。

 

http://www.single-mama.com/

 

NPO法人「キッズドア」

NPO法人「キッズドア」
母子家庭をはじめとするひとり親家庭、経済的に苦しい家庭、
児童養護施設や被災地で暮らす子どもたちなど、
さまざまな困難な状態におかれている子供の
学習支援を積極的に行っています。

 

http://www.kidsdoor.net/

 

リトルワンズ

リトルワンズ
シングルマザー同士が交流できる様々なイベントや、
仕事の情報、お部屋探しの情報の提供など、
東京を中心に相談は全国から受けている、
シングルマザーの支援活動を行うNPO法人。

 

http://www.npolittleones.com/

 

市役所等地方自治体への相談

市役所
母子家庭への支援策として、各地方自治体から支給される手当などを
申請するには、市役所等への相談は必要になります。
また、仕事のことや子供の預け先、経済的に行き詰ったときの生活保護申請なども、
住所のある自治体行政への相談は欠かすことができません。

 

ただし、市役所等の行政機関は土曜日、日曜、祝日が休日となっているところが多く、
働いているシングルマザーにとって、相談にいくことそのものが難しいという現実があります。
また、必要な支援を要請しても、実際に支援を受けられるまで時間がかかったり、

 

担当職員によっては対応が良くない場合があったりと、
自治体地域や職員によって、その対応にバラつきがあるのも事実でしょう。
役所へ相談にいっても親身になってもらえなかったという体験があるシングルマザーの方は、
心理的に壁を感じているという人もいるかもしれません。

 

それでも、一度は住所地の市役所をはじめとした行政機関に相談や問い合わせをしましょう。
実際に必要な手当てなどを受け取れる窓口は、行政機関だということは間違いないからです。

 

まとめ

母と子
母子家庭のシングルマザーは、子供との生活のうえで様々な支援が必要になります。
しかし、自分から積極的に動かなければ、自分たちの存在とその悩みを支援団体に知ってもらうことが出来ません。

 

どんなに小さなことでもかまいませんので、まずはインターネットのシングルマザーコミュニティを利用し、
どのような相談窓口や支援団体があり、どのような手当てや支援が受けられるのかなど、
必要な情報を集め、行政をはじめ民間や市民団体、NPO法人へ助けを求めていきましょう。

 

「シングルマザー支援協会」を見るシングルマザー支援協会

page top